○茶話本舗直営店の従業員が申し入れ
 本日(9月6日)、茶話本舗を運営する、株式会社日本介護福祉グループに対し、ユニオンが直営店での労働環境の改善を申し入れました。

moushiire-sawahonpo

 申し入れを行ったのは、直営店の元施設長Eさん(30代、男性)です。「環境が悪いためにスタッフがどんどん辞めていくのを見ていられない、本部がいつもいう利用者のためのサービスは今の体制では実現できない、改善してもらいたい」というのがEさんの思いです。Eさんの施設では、休憩なし、スタッフ不足の中での長時間労働・過労などの問題が起きており、いつ事故が起きてもおかしくない体制であったとユニオンは考えています。

○賃金計算が最賃割れ????
 この直営店では、施設長の賃金に、残業代として、業務手当を毎月一律で支給する契約になっています。業務手当の内訳は、普通残業22時間と深夜労働28時間とされていますが、その合計金額43600円を労働時間で割ると、どうしても最低賃金を下回ってしまう状態でした。
 現在、会社に業務手当の計算方法を尋ねていますが、違法である可能性が高いです。

○残業100時間を超える長時間労働と未払い残業
 スタッフが不十分であるためにEさんは利用者のために働きづめの毎日を送っていました。月の残業時間は100時間を超え、厚生労働省がいう過労死ライン(月残業80時間)を大きく超えるものでした。
 これだけ働いているにもかかわらず、残業代の未払いが生じていました。この施設では、毎月の残業時間を本人の自己申告で管理していましたが、実際には申告を行った労働時間分より低い賃金しか支給されておらず、未払いとなっていました。

○夜勤は休憩なし。夜勤は、一人で5人の利用者を見なければならない。
 お泊りデイを行う夜勤者は5人の利用者を見なくてはならず、休憩時間は一切取れませんでした。このような体制下でいつ事故が起きるともしれない状況でした。

○日本介護福祉グループは「誠実な対応をする」と回答
 ユニオンはこれらすべての改善と、全社的に労働基準法違反の改善を要求しました。
 会社は申入書を受け取り「誠実に対応させていただきます」と丁寧に回答してくださいました。この言葉が実際に実行されることを期待したいと思います。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ
TEL:03-6804-7650(平日17時~22時 土日祝12時~22時)
MAIL:contact@kaigohoiku-u.com
HP: http://kaigohoiku-u.com/
twitter:@kaigohoiku_u
Facebook: 介護・保育ユニオン
**********************************