7月27日に記者会見を行った、仙台市の保育所に勤めていたBさん(20代女性)は、今年4月、ユニオンに加入し、5月から会社と交渉を続けています。今回は、ユニオンへの加入や、団体交渉申し入れに至った経緯を、Bさんじしんに語ってもらいました。

○給与水準が高く、「いいところに決まった」と私も家族も喜んだのに・・・

 私は、仙台市の認可保育所で働いていました。短大に来ていた求人を見て、応募しました。新卒でも良い求人が少ない中で、この会社の求人は、他の認可保育所と比べても給与水準が高く、採用が決まったときには、家族と喜びました。私はもともと子どもが好きで、やりがいもあるから、保育士になろうと短大に行きました。これからの保育士生活を楽しみにしながら、実家を離れ、仙台に向かったことを覚えています。

 

○基本給19.5万だと思ったら実際は15万だった

 楽しみにしながら迎えた入社式でしたが、そこで待っていたのは「求人詐欺」でした。採用時に見ていた条件は、基本給19万5000円だったのに、実際は、基本給15万円だったのです。「明らかに採用されたときの条件と違う」と思いましたが、今後の生活や転居費用、新卒という人生で一回の就職ということを考えると、提示された労働条件を断ることなんてできませんでした。

 

○休憩もないし、残業代もでない~違法だらけの職場で、保育に自信がなくなる

 労働環境もひどいものでした。休憩はほとんどとれず、行事の大小道具は無給の持ち帰り作業。そしてこの保育所は、新卒の私たちに仕事のやり方を何も教えてくれませんでした。私はいきなり1歳児の担任になりました。右も左もわからない中で、頑張りましたが、会社のサポートは一切なし。それでいて、何かの問題が生じたときには矢面に立たされました。そんな毎日に私はどんどん余裕がなくなっていきました。大好きな園児と一緒でも笑ってあげられないことが増えていきました。本当に子どもたちに申し訳ないという思いでいっぱいになりました。体調も崩し始めた私は、ついに職場を辞めざるをえませんでした。

 あんなに好きだった保育士には、今も戻ることができないでいます。

 

○残った同僚のため、子どもたちのためになれば・・・

 これだけきつい環境におかれると、子どもたちのために頑張ってと言われても、なかなかできません。結局続けられない。あと、新卒を無駄にしたなって思います。保育士として、社会的な基準・経験を作る年なのに、それができなかった。人生を大きく狂わせた会社を許せないです。私以外にも、この会社のせいで保育士を続けられなくなった人もいます。この会社には、社会的に責任を取ってもらいたいと思います。

 そして同僚に対しては、保育所が忙しい中辞めてしまったことを悪いとも思っています。だから、できるなら労働環境の改善もしてあげたい。子どもたちにとって、よい保育ができるような保育所に変わってほしいです。

〈ここまでがBさんのコメントです〉

====================================================

福祉業界で働く従業員・元従業員の方からたくさんの相談が寄せられています!

Bさんは以下のような問題を抱えていました。1つでも該当される方は、是非介護・保育ユニオンまでご相談ください!一緒に会社を改善していけたらと思います。

 

TEL:03-6804-7650(平日・土日祝:12時~22時)

MAIL:contact@kaigohoiku-u.com

相談無料・秘密厳守ですので、お気軽にお電話ください。

 

①「1日10時間以上」働く長時間労働

月80時間(1日12時間労働をしていると到達する計算)の残業に近づくと、国の定めた「過労死認定基準」に抵触し、精神疾患や脳・心臓疾患の発症リスクが非常に高くなります。

 

②休憩を「1時間」取れない

1日6~8時間働く場合は「45分」、8時間以上働く場合は「1時間」の休憩が取れないと違法です。

 

③残業代等が「1分単位」で支払われない

定時後の残業だけでなく、持ち帰り残業、定時前の早出出勤、休憩時間の労働に対しても賃金は支払われなければなりません。仕事前の準備、休憩中・定時後の 日誌作成、行事とその準備も賃金の発生する労働時間にあたります。そして、それは「1分単位」で計算して支払われないと違法です。

 

④「有給休暇」「介護・育児休暇」を取得することが難しい

有給休暇は理由を問わず、労働者が自由に申請し取得できないと違法です。運営法人が拒否できる場合は非常に限定的です。また介護・育児休暇も運営法人が拒否することはできません。

 

⑤辞めたいと伝えても「辞められない」

退職は法律上「2週間前」に会社に伝えれば可能です。会社が退職を認めないということは「強制労働」になり、違法です。

 

⑥国が定めた基準どおりに介護・保育を行うことができない

運営法人が、利益をあげるため、国が定めた基準どおりの介護・保育を行わないようにしていることがあります。これは法令違反の可能性があります。

 

⑦虐待・事故を起こしてしまった、起きているのを見た

介護・保育業界では過酷な労働が原因で虐待や事故が起きています。虐待・事故を理由に法人から過大な損害賠償請求・罰金を科された、賃金を大幅に下げられた、絶対に辞めないように言われたこと等はありませんか?どれも違法の可能性があります。

 

みなさんの介護施設や保育所でも同じような問題はありませんか?少しでも働いていて「おかしいな」と感じるところがありましたら、この機会にぜひご相談や情報をお寄せください。ちょっとした疑問でもお気軽にご相談ください。

 

**********************************

当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ

TEL:03-6804-7650(平日:17時~22時・土日祝:12時~22時)

MAIL:contact@kaigohoiku-u.com

HP: http://kaigohoiku-u.com/

twitter:@kaigohoiku_u

Facebook: 介護・保育ユニオン

**********************************